“いじめ・嫌がらせ”が労働トラブルのトップ 相談件数では9年連続

未分類

令和3年7月初旬に、厚生労働省から、令和2年度「個別労働紛争解決制度の施行状況」が公表されました。

―――――― 令和2年度「個別労働紛争解決制度の施行状況」のポイント ――――――

  • 総合労働相談件数は前年度より増加。助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数は前年度より減少

・総合労働相談件数は129万782件で、13年連続で100万件を超え、高止まり。

  • 民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全項目で、「いじめ・嫌がらせ」の件数が引き続き最多

・民事上の個別労働紛争の相談件数では、79,190件で9年連続最多

……下記の【図:民事上の個別労働紛争|主な相談内容別の件数推移(10年間)】参照

・助言・指導の申出では、1,831件で8年連続最多

・あっせんの申請では、1,261件で7年連続最多

☆ 個別労働紛争のトップが「いじめ・嫌がらせ」であるということは知っておきたいところです。

このような状況をみると、各企業において、各種ハラスメントの防止対策などに万全を期す必要があるといえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました