サポート案内

労務の顧問契約

従業員が一人でもいれば労務問題は避けてとおれません

 会社を守るためには正しい情報と性格な情報とともに、適切な対応が求められます。

 いつでも労務関係の専門家である社会保険労務士がついてることで無駄なトラブルを起こさないようサポートいたします。

従業員のトラブルはいつ起こるかわかりません

 仕事中にケガをしてしまった。連絡が取れず対応に困ってしまった。残業代の支払いなどでトラブルになってしまった

 パワハラやセクハラなどの問題が発生してしまったなどは最初の対応が肝心です

 

就業規則

就業規則は、会社の働き方のルールブックです

 常時10人以上の従業員を雇用する会社は、原則「就業規則」を作成し、行政官庁に届出なければなりません。

  ・常態として10人以上の従業員を使用している

  ・会社を発展させ、守るためのルールを作りたい

  ・労使間のトラブルを極力防止したい

  ・日々の円滑な労務管理を実現したい

 ルールが曖昧だとトラブルの元です

 「休暇制度などは無給なのか有給なのか?」

 「どんな行為が規律違反なのか?」

 「どんな行為が解雇の対象になるのか?」など明文化することで、トラブル時の解決の根拠と なり、ルール違反をした従業員からの「知らなかった…」を防止します。

 「就業規則」は人材不足の時代に、会社の成長に寄与する最高のツールとなるものです。

  

社会保険・労働保険のお手続き

迅速な対応と適正な届出が大切です

 初めてでどうしていいのかわからない社会保険、雇用保険等、事業所としての新規適用の手続きをサポートします。

 「従業員が増える」「従業員が退職する」たびに付随してくる様々なお手続きを専門知識のある社労士が丁寧な手続きをいたします。

 

助成金のご提案

 アルバイトやパート、派遣社員を正社員にすると助成金が出る場合があります。

 その他にも、国が定めた助成金はいろいろありますので、アドバイザーとしてご協力します。

タイトルとURLをコピーしました